FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州ユーロ圏は危険すぎますね

 先日、友人からギリシャの話を聞きましたが、名古屋港に入港する外国船籍で、働かないベスト3にギリシャが入っていると言う話やギリシャへ旅行すると有名な観光地でさえ、休憩時間がいいかげんで何時再開するのかも分からないと言う話があるようで、その他いろいろ聞いていると全ての話が事実なら勤勉勤労と言う言葉は、まったく無い国民性のようですね。

 ギリシャの話が本当なのか膨らませてあるのかは定かではありませんが、今のギリシャは債務の減免の話が出た時点で、誰がどう見てもデフォルト状態は隠しきれませんよね。
 
 ここからはユーロ圏が、未曾有に融資し続けることになりそうですが、ユーロ圏の体力も心配ですがIMFに波及すれば世界の一大事に成りそうですよね。
(ドイツがいるから・・・・・大丈夫かも?)
 
 今の時点でも少々遅い感はありますが、ギリシャには一旦リセットしてもらった方が、後の為ではないのかなと思われます。
 
 国の場合は、土地もあり人も残るわけですから債権者がリセットを認めればしっかり立ち直って行けるはずなので早い方が良いのではとも思われます。

(ギリシャが、緊縮財政で30年以上頑張って行ける国であれば・・・・・とも期待?)
スポンサーサイト

米国(ドル)が、何時まで世界経済の胴元でいられるのか?

 米国は、スクラップアンドビルドの繰り返しをやり過ぎて完全にドルの放出量を間違えているのかなと最近つくづく思いますね。
 
 私が、幼い頃に憧れを持っていた頃の米国は、唯一無二の経済大国であり、世界の安全を守り、ボランティア精神で世界を助け、悪には立ち向かって行くスーパーマンのようだなと感じていました。
 
 しかし、現在の米国は非常に残念で仕方がない思いが強くなり、起因は何処かなどと考えていたら、やはり一番はニクソンショック(固定相場制度から変動相場制度への移行は自然の流れだとは思いますが・・・・・)だったのではないかと思います。
(ベトナム戦争が・・・・・かも?)
 そこからドルの大量放出が始まり貿易赤字が増大して行き、世界の主要国が潤った状態になり米国債購入でドルが戻ってくる為、米国は資金が溢れて行き金融機関が貸し出し量を増やし米国民は有頂天になり投資・投機に走る・・・・・サブプライム///CDS///リーマンショック・・・・・金金金・・・・・ここ最近を見ていると未だに何時まで続ける気なのかドルの大量放出と言う感じです。
 
 胴元は、負けるわけが無いはずですがそろそろ引き締めてもらわないと・・・・・大きくなった子にやられますよ。

 私は、今でもMade in Americaが大好きで休日の殆どをジーンズで過ごしています。
 米国は物作りの原点に立ち返る事が、今一番必要なのではと思っています。
 
 米国が早くスーパーマンに・・・・・I believe

中国は、今を慎重に行かないと・・・危険

 中国は、日本の高度成長からバブル景気~失われた20年までの約60年を15年でやりきってしまいそうな感じがしてきましたね。
 少しづつブレーキは踏んでいるみたいですが、中国全国民が全力疾走しだしたら止められる術は、できているのか心配になってきました。
 このまま行けば、現在の日本と同じ状態が数年後にやってきそうですし、重なって米国のサブプライムと同一の問題が出てきそうな感じがしてまいりました。
(CDSは現在の中国では難しいでしょうから・・・)
 今、かなり太らされてしまった中国を危険に感じるのは私だけでしょうか。

 中国全国民が、一斉に自分の足元を見直し、何事も慎重に冷静に「畏れ」を知り自らを律すれば、真の超大国に成るのではと思っています。
(孔子を始祖とする儒教の教えを・・・・・)

欧州ユーロ圏は危険すぎますね

先日、友人からギリシャの話を聞きましたが、名古屋港に入港する外国船籍で、働かないベスト3にギリシャが入っていると言う話やギリシャへ旅行すると有名な観光地でさえ、休憩時間がいいかげんで何時再開するのかも分からないと言う話があるようで、その他いろいろ聞いていると全ての話が事実なら勤勉勤労と言う言葉は、まったく無い国民性のようですね。

 ギリシャの話が本当なのか膨らませてあるのかは定かではありませんが、今のギリシャは債務の減免の話が出た時点で、誰がどう見てもデフォルト状態は隠しきれませんよね。
 
 ここからはユーロ圏が、未曾有に融資し続けることになりそうですが、ユーロ圏の体力も心配ですがIMFに波及すれば世界の一大事に成りそうですよね。
(ドイツがいるから・・・・・大丈夫かも?)
 
 今の時点でも少々遅い感はありますが、ギリシャには一旦リセットしてもらった方が、後の為ではないのかなと思われます。
 
 国の場合は、土地もあり人も残るわけですから債権者がリセットを認めればしっかり立ち直って行けるはずなので早い方が良いのではとも思われます。

(ギリシャが、緊縮財政で30年以上頑張って行ける国であれば・・・・・とも期待?)

今日の日銀は防衛省より明確な防衛

 今日の日銀は、日本国債を徹底的に守ると言う意思表示をしたことが最大の評価ですね。
 今の日本国債は、外敵が何時仕掛けてきてもおかしくない状態ですからね。
 仕掛けられたら12年3月期の金融・保険は全滅になるでしょうから怖いです。
 (トリプル安は、・・・?)
 為替は、レンジが決まってしまったと同じに捉えられかねませんから、輸出企業も暫らくは為替で楽になることは無いだろうし、FXの参加者は手数料考えると痛いですよね。
(ここでは更迭・・・・・しないみたい?)

 やはり日本は、官が一枚も二枚も上手ですね。

 しかし、バブルが弾けて以降、民間は頭を切り替え、切磋琢磨し知恵を絞り、ぎりぎりの所で生き抜いているのに官の頭はなかなか切り替わらない物だなとも思います。

 「景気を良くするには真逆でしょう」が、多い気がしてなりません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。