FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀は自立した考えのもと押引が肝要では?

 今日の日銀総裁発言は、ごく当たり前で法整備も整わないヘリコプターマネーは全否定するべきですね。
 日銀は、何度も書き込みましたが通貨の番人たる威厳を持って堂々としていてほしいものです。現状の国債買い入れ(これもヘリコプターマネーでは?)にしても法ギリギリの所で行われている訳であり、足りなければ現状の金融政策を拡大することで基本的な役割以上の事をやっているとの認識は多くの国民が思っているところではないでしょうか?
 過ぎたるは及ばざるが如し、インフレ2%に達しなくとも日銀の責めに帰すべきところではない!別の所ではないのか!
 本田氏の狙いは何処にあるのか?胡散臭さも感じますが、先日お越しになったバーナンキ元FRB議長が、どんな内容のお話であったかは定かではありませんが、やったら最後のヘリコプターマネーは、議論の余地など一切ないのではないでしょうか?
 米国経済は持ち直しの雰囲気ですが、QE1~3で大量に発行された米ドルが弊害となり金利を上げる間もなく失速となれば、この先またまた緩和再起動(それこそ米国ヘリコプターマネー)となるような気がしてならないのは、私だけでしょうか?
 最近の米国株式も、危ない年に似通っているなと思いつつ書き込んでいます。
 
 この手の手法が、現在の経済学の主流であるならば危険極まりないと(格差拡大による争い事が増え続ける)考えるのは私だけでしょうか?

英国のEU離脱は○○○の始まり

 英国のEU離脱は、将来の大きな間違いに繋がるような気がしてなりません。
 私が考え過ぎなのかもしれませんが、ヨーロッパユニオンの崩壊~ユーロ崩壊~戦争(軍事的or経済的)に繋がりかねない事を歴史が物語っているような気がしてなりません。
 世界中の人々が、ここから数年は疑心暗鬼のままで、世界経済は多少の成長(見せかけの成長)をして行くように感じさせられて行くと思われますが、実態の伴わない状態が続いて行く事になれば世界中から離反者が出てくるような事になりはしないかと心配でならないのは私だけでしょうか?
 現在様々な物が進歩して行く中で、未だに犯罪・テロが頻発し多くの犠牲者(難民も含め)が日々出ている現状は、一番進歩が無いのは人間であると言わざるを得ない、資本主義・競争がナショナリズムに繋がり共存共栄を目指せない頭の悪さ・心の弱さが格差社会を造りだしているのではないでしょうか?
 やはり、過ぎたるは及ばざるが如し、主要通貨を適正水準まで減らす事が、一時は大変でも新たな成長へ向かう経済の仕組(新経済学)が創造出来るのではないかと考えるのは私だけでしょうか?
 

今日も狙い撃ち、日本株式市場。

 今日も狙い撃ちされましたね。
 英国のEU離脱懸念を背景に「FOMC利上げせず」・「日銀緩和せず」、を見越して仕掛け的な売り浴びせ、日本株式市場は海外国内の投機筋にやられ放題ですね。
 米国金利もそんなに簡単には上げられない事は誰もが理解しているでしょうし、日銀の緩和もこれ以上は如何なものかと誰もが思っているでしょう。
 今回は、FOMCも日銀もベストな判断であろうと思われますが、それを日本市場ではいいように使われますね。
 
 なかなか封じ込める手立ては無いと思われますが、先読みする事はできるのではないでしょうか?
 先週の海外投資家or投機家の動きは現物買いの先物売り(マザーズは大きく売り)、且つ裁定売り残の急激な上昇があり、今日の今日まで執拗に続いていた、安心して売り仕掛けをやれていた形跡がありありです。
 明日から来週末にかけては、英国のEU離脱が有るのか無いのか?有った場合を考えておくことも必要ですが、無かった場合の事は上記の状況から思いっきり考えておかなくてはならないようです。
 明日から日本株式市場は、面白くなりそうです。

有事が起こる前に参議院選挙前に検証してみました。

飛んだ1本目の矢 日銀による金融緩和は、デフレ脱却へ向けしっかり出来ているが、マイナス金利はやり過ぎではないか?金融機関の財務圧迫による貸し渋りが起きる可能性もあるのではないか?
 飛ばず2本目の矢 財政政策は、旧来の公共投資が増えたくらいで、国民にまでは一切届かずではないか?実際の所は歳出削減で財政健全化を図った方が、景気浮揚の近道ではないか?
 飛ばず3本目の矢 成長戦略は、規制緩和もできず構造改革も進まず、全く閉ざされたままではないか?既得権者を動かすにはそれなりの覚悟があっての発言ではなかったのか、国民には疑義しか残っていないのではないか?
 NYで、アベノミクスを買ってくれと仰っていたが、今現在では、アベノミクスは売った方が良いに聞こえるのは私だけでしょうか?

 政官の身を切る改革の約束事は反故にされ、消費税だけ8%にされ国民から搾取ばかり、いくら日経平均やリートが上がろうとも、現在なんて国家機関が買いまくってこれですよ、リートの筆頭~順位2・3は日銀て、まともな経済ですか?
日銀の実行力で、インフレ傾向に一時持って行けそうな雰囲気は出しましたがならず、国債発行は増え、設備投資も空振り、消費は伸び無かった事を経験済みではないですか?
 ※食料品と日用品だけでも5%に戻し固定できませんかね?
 お年寄りは年金がここ数年でどんどん削られ、一般サラリーは少々上がっても社会保険・年金も徐々に上がっている為消費税3%分を補えず、お年寄りや主婦の多くは、本当に嘆いていますよ!
 民間企業(特に中小企業)は、税込いくらで粗利を削り、努力するしかないでしょうね!

 国家予算の基本的な見直し・・・・・既得権者に・・・・・して頂き・・・・・分配の変更・・・・・中間搾取は・・・・・数多の助成金も民間企業と国民にダイレクトで分配・・・・・議員削減・・・・・一人頭20%削減・・・・・政治屋に成るために金が・・・・・ばからしい・・・・・ばらまかないと上に行けず大臣に成れず・・・・・ばからしい・・・・・国家国民の為に身を粉にして・・・・・出てきませんかね政党・政治家・・・・・官の退職金の見直し年金の見直し・・・・・定年延長・・・・・やれることは沢山あるように思われますが、如何なものでしょうか?
 
 国家が明確なビジョンを持ち明確に飛ぶ矢を放ち、国民が信頼・信用していれば、民間企業も内部留保を取り崩してでも有利子負債を増やしてでも設備投資をするでしょうし、国民も安心・安全な生活をし消費も伸びて行くでしょうね。

G7サミットお疲れさまでした。

  警察・自衛隊・海上保安庁などなど地方公共団体の方々も本当にお疲れさまでした。
 三重県におかれましては多大なる出費をされましたが、今後は各国の報道機関が、必ずや良い宣伝マンとなり外国人観光客が増え成果が出てくるものと信じております。(しかし、一番印象に残るのは、広島でしょうね!)

 米国・オバマ大統領はさすがですね!最後の最後は全部持っていきましたね!今回のサミットも米国の独り勝ちと言ったところでしょうね。

 内容は・・・・・・・・一国の政治と財政と経済情勢・・・・・・・・誰も思ってもみないリーマ・・・・・・・・・数字だけの羅列・・・・・・・リーダーシップ云々・・・・・・・・出来ない事に理由を付けるのではなく間違いは間違いと潔く認め・・・・・・・・・消費税据え置き何年とかではなく振り出しに戻し構造・・・・・・・・・フレ脱却に向けて再度挑戦したいから先進国首脳には御協力頂きたいので・・・・・・・・ではなかった・・・・・・・・自己満足でしょうか会議を組み立てるレベルが随分幼稚な・・・・・・・・見透かされますよ海外メディアにも・・・・・・・・各国首脳にも御付きの人々にも海外メディアにも日本の美味しい食事や美しい景観などを楽しんで頂ければ幸いであったように思われますが、広島だけは感無量・最高でしたね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。